デビットカードの使い方

最近よく名前を聞くようになった、デビットカードですが、
使い方については、まだ知られていないことが多いようです。
ここでは、VISAデビットカードについて、使い方をお話します。
(他にもJCBデビットカード・J-Dabitなどありますが、VISAが一番使いやすいので。)

【使い方】
使い方はクレジットカードと同じです。
クレジットカードと違うのは、デビットカードはその場で銀行口座から引き落とされることと、
支払いは一括での支払いだけということです。借金ではないので、安心です。
手数料も一切かかりません。

【支出の管理】
限度額は、発行した銀行の口座に入っているお金です。
それ以上は使えない仕組みになっているので、使い過ぎる心配がありません。
使うとすぐに引き落とされるので、お金の流れが見やすいというメリットがあります。
使ったお金は、メールで知らせるシステムもあり、Webで履歴も確認できます。

【海外でも利用可能】
世界の200の国や地域で、VISAに加盟しているお店ならどこでも使えます。
また、VISAまたはPLUSのマークのついたATMなら、現地の通貨で引き出せます。
その場でその日のレートで換算されるので、為替のリスクもありません。
(発行金融機関あるいはATMによって、限度額が設定されている場合もあります。)

【利用の例】
☆毎日のお買い物
 現金を持ち歩かなくても、デビットカードで現金と同じように支払えます。
 ATMや銀行へ足を運ぶ必要がない上、手数料もかかりません。
☆家計簿のかわり
 利用すると、その場で利用した店舗と金額が知らされrので、タイムラグがありません。
 Webで履歴を管理できるので、家計簿の代わりとしても使えます。
☆海外旅行
 地元でその国の通貨を引き出せるので、両替所を探さずに済みますし、
 必要な額だけ引き出せば良いので、為替リスクもありません。
 加盟店は世界に3800万もあるので、どこでも使えて便利です。

【注意点】
☆クレジットカードではないので、分割払いはできません。一括払いのみです。
☆一部高速道路、ガソリンスタンドでは、VISA加盟店でも利用出来ない場合があります。
☆本人確認が必要です。暗証番号の管理には十分注意しましょう。


クレジットカードとの違いを理解して、デビットカードのメリットを生かして利用したいですね。